アイコン画像 更年期向けサプリ

エクオールとは?更年期に取り入れたいサプリメント

更年期障害に対するケアや治療法には、飲み薬や注射薬などがあります。そのなかで、女性ホルモンと似た働きをするエクオールという成分が近年では注目されています。エクオールは更年期症状の改善に役立つだけではなく、他の改善効果も期待されているのです。今回は、更年期に取り入れたいエクオールについて、ご紹介していきます。

もっと詳しく

更年期症状、更年期障害とは

更年期とは閉経前後の40代後半から50代前半のことをさします。閉経は個人差があり、早い人では40代前半から、遅い人では50代後半に訪れる人もいます。
閉経したかどうかは妊娠の可能性がなく、一年以上月経が来ない場合に考えられます。また、血中の女性ホルモンの濃度などを測ると、閉経が近いかどうかがある程度わかります。
この更年期の時期にはさまざまな身体の変化を感じるようになりますが、一番大きいのは女性ホルモンの影響によるものです。

卵巣からでる女性ホルモン(エストロゲンなど)は、20~30代がピークで、40代になると急速に減少していきます。
女性ホルモンの低下、分泌のゆらぎの影響で起こる症状を更年期症状と呼びます。
また、日常生活に支障を来す状態を更年期障害といいます。

主な症状としては、ほてりや発汗などの血管の拡張と放熱に関する症状、めまいや動悸、頭痛や冷え、倦怠感などの身体症状、気分の落ち込みや情緒不安定などの精神症状です。
これらの症状も個人差があり、あまり症状がひどくない人もいれば、日常生活に影響が出てしまうほどにつらい思いをする人もいます。
更年期世代では、子どもの進学や自立、親の介護、責任の重い仕事、老後の心配など精神的負担を抱えやすい時期でもあります。また、更年期症状は他の病気の初期症状と似ているものもあり、それらの病気ではないことの確認が必要です。

エクオールとは

更年期に取り入れたい成分としてエクオールというものがあります。エクオールは大豆イソフラボンの代謝産物であり、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用として報告されています。
女性ホルモンそのもの、女性ホルモンを増やすものではありません。このエクオールは腸内でも産生できるものとされていますが、それが可能なのは日本人では約5割、欧米人では約3割といわれています。
大豆イソフラボンを摂取しても腸内細菌の違いによっては、エクオールを産生できない人もいるのです。エクオールを産生できる人は、更年期症状が軽い人が多いという研究結果もあります。
また、年齢が若くなるにつれてエクオールの産生ができない人の割合が欧米人と同様になることがわかっており、食生活などの変化の影響のためといわれています。

これだけ、女性ホルモンに似た働きをしてくれるエクオールですが、日内変動、個人差が大きく、一定に維持することが難しいとされています。
近年では、そのエクオールの成分をサプリメントとして摂取することが可能となったため、代替医療素材として注目されるようになりました。
さらに、エクオールは更年期症状の改善以外にも、骨密度低下の抑制、抗動脈硬化、肌機能の改善などの作用も報告されており、予防医療の分野でも期待されています。
更年期症状に限らず、女性ホルモンのバランスが不安定な人でもエクオールの摂取をすすめることもあります。

エクオールの使い方

ホルモン補充療法などが一般的となっている更年期症状の治療ですが、エクオールは第一選択として考えられる治療法ではなく、ホルモン補充療法の副作用が気になる方や他の治療で改善されなかった人や治療が難しいケースなどの替わりとなるひとつの方法です。
エクオールが産生できるかどうかは、採尿からチェックできる検査キットがあります。その検査をもとに、判断することもひとつです。
また、エクオールの成分をサプリメントとしたものはいくつかあるため、市販のものでも購入が可能です。しかし、更年期症状の裏には子宮や卵巣などの女性特有の病気、生活習慣病なども隠れていることがあるため、気になる症状がある場合には、産婦人科やレディースクリニックを受診してください。
そして、他の病気の可能性がないことを踏まえた上で医師と相談のもと、選択肢のひとつとして検討していきましょう。

エクオールを使用する際の気を付けるポイント

エクオールは取れば取るほどいいわけではなく、一日当たりの摂取の目安は10㎎とされていますので、それぞれ記載されている注意書きをよく確認してください。また、注意しなくてはならないのは、大豆アレルギーのある人です。エクオールは原料が大豆であるため、アレルギーがある人は避けてください。
そして、エクオールの摂取以外にも大豆製品を食べることもおすすめです。一度にたくさんの量を食べるのではなく、毎日適量を続けて食べることがコツです。
大豆イソフラボンやエクオールは腸から吸収されて1~2日程度で尿から排出されてしまうためです。個人差はありますが、体内でエクオールを10㎎産生するためには、豆腐なら2/3丁、納豆1パック、豆乳コップ一杯が目安となります。
日本では豆腐や納豆、おから、味噌をはじめとした、大豆製品が豊富なため、日頃から摂取しやすいものを、無理なく取り入れましょう。

つらい更年期症状があっても、ホルモン補充療法やその他の治療は不安がある場合、治療が受けられない理由がある場合に、エクオールのサプリメントを摂取するという選択肢もあります。
薬に比べて受けられる条件が厳しくないこと、副作用がないことなどが利点としてあげられます。市販で手軽に購入できるものから、医療機関で取り扱いをしているところもあるため、気になる症状や不安があれば専門医によく相談し、検討してみてください。

この記事を監修している先生


小山嵩夫クリニック

小山嵩夫先生

小山嵩夫クリニック院長
NPO法人「更年期と加齢のヘルスケア」理事長
一般社団法人「日本サプリメント学会」理事長

その他のカテゴリ一覧

お役だちニュース

「更年期」に関わる体験談やセミナー・イベント情報など、女性の健康寿命を延ばすために役立つ情報をこちらで発信していきます。ぜひご覧いただき、”更年期を楽しく”過ごしていきましょう!